flemington vintage

flemington vintage design ring 製作のため

flemington vintage design ring 製作のため

flemingtonコイン

コインの価格
100コイン = ¥80
コインとは
残コイン数
588,600 /
販売終了日
2021年6月30日


 こんにちは、flemington vintage の佐藤あかねです。

この度、ヴィンテージデザインのリングを製作したいと思い、ショップコイン企画を開始させていただきました。


*******************************************************************************************************

1.コインを使うと全品20%offでご購入いただけます。


2.さらに10000コイン以上ご利用のお客様には99%OFFクーポンを差し上げます。

 (こちらのクーポンは1アイテムのみに適用可能です)


********************************************************************************************************





おかげさまで昨年で4年目を迎え、flemington の在り方を再度振り返るきっかけとなりました。2016年にオーストラリアから東京へ来てから、オーストラリアを始め様々な国のヴィンテージアイテムをたくさんの日本の方にご提供させていただいています。flemingtonが扱っているヴィンテージジュエリーは50s〜90sのものがほとんど。無限にあるわけではなく、だからこそ希少で、だからこそ魅力的なアイテムだと感じています。


ただ、たくさんの方に求めていただいている今、ヴィンテージにしばられることで、同じものを複数リリースすることができず、欲しい!と思ってくださっている全てのお客さまへなかなかお届けできない状況がflemington設立当初から続いています。


たまにヴィンテージストックなど、タイミングよく同じデザインが複数仕入れることができるとやはり好評で、一点ものじゃなくてよかったです!とまでお声がけをいただくこともあります。でも、これも稀で、ヴィンテージアイテム全てにおいて言えることなのですが、出会いに任せるしかなく。そういうものだとわかっていながらも、「再入荷はないんですね・・」とお客さまの残念なお声を聞くたびなんとも言えないもどかしさがありました。


そんな中、オーストラリアからヴィンテージの仕入れを手伝ってくれているメルボルンに住むお友だちのセバスチャンとこのことについて話していたときに、彼がこんなサジェスチョンをしてくれました。


アカネの日本のお客さんはヴィンテージアイテムを求めているんだよね。ヴィンテージにこだわるのであれば、ヴィンテージデザインのジュエリーを新しくつくることはできる。僕がスイスやフランスで学んだ作り方は、老舗のアトリエで引き継がれてきた伝統の手法だよ。Think about it!”


そう、セバスチャンとは高校3年生のときにお互い通っていたハイスクールで出会ったのですが、当時はスイスで1年間留学してから帰国したてで、フランス語を完全にマスターした彼を見てとても驚いたのを覚えています。彼は卒業した後何度ももヨーロッパへ渡り、勉強を続け、今は彫刻家・ジュエリーアーティストとして活躍しています。今はメルボルンのブランズウィック地区に住んでいて、お家の裏にアトリエをもうけて活動しています。




(余談ですが、ブランズウィックはフレミントン地区に近いのですが、昔はよく一緒にフレミントンでお買い物をしたり(もちろんヴィンテージショップで!)ご飯を食べたり(Laksa King!!)していました。懐かしい!)


今となっては彫刻が活動の中心となっていますが、そのセバスチャンがflemingtonのジュエリーの製作に関わってくれると言ってくれて、驚いたけれど、とてもうれしかった。昔からのお友だちだから私のやりたいことや好きなことをよく理解してくれているし、言語化しなくてもわかってくれる人なのだ。コロナ禍でリモート買い付けを始めてからずっと寄り添ってサポートしてくれている彼だからこそflemingtonのお客さまが何を求めているのかは、多分私の次に理解してくれている人物です。


その古くから伝えられている手法を使ってつくられたヴィンテージアイテムをお客さまに届けることも、それは一つの方法として選べるかもしれない。そう思い、アクセサリーのデザインに何ヶ月か取り組んできました。いくつかデザインが定まったところで、初めてのオリジナルヴィンテージデザインのコレクションをプレミエできるところまできました。


ただ、製作にあたり、新たに道具や材料を調達する必要があり、flemingtonの佐藤アカネとセバスチャン2人だけではなかなかさらりと決断できる予算ではなく・・。ジュエリー製作を実現するために資金を集めようと、このショップ企画に踏み込んだ次第です。


これからもヴィンテージアイテムをお客さまにご提供することは続けていきます。こういった新しい取り組みも行っていきながら、色々なことに挑戦しながらお客さまに求めていただけるジュエリーのカタチを探り、flemingtonを育てていきたいと思っています。


flemington vintageの世界観、センシビリティーをぎゅっとつめこんだヴィンテージ スタイルのリングの製作にあたり、ショップコインを通してのサポートをご検討いただけますと幸いです!


ショップコインの仕組み、詳細についてはこちら:shorturl.at/fiszV-- 

loading